スポンサーリンク



 
メモリーカード

 めもりーかーど


デジタル一眼レフカメラにおいて撮像面はイメージセンサーですがフィルムに相当するものはメモリーカードと言えるでしょう。

メモリーカードには様々な容量がありイメージセンサーの画素数によってトータルの撮影枚数が異なります。

例えばフルサイズ、2400万画素のイメージセンサーを持つカメラに16GBのメモリーカードを装着した場合、画質モードがRAWの時で292~507枚、FINE(Lサイズ)の時で923枚、APS-C、2000万画素のカメラの場合、RAW撮影で1300~2400枚、FINE(Lサイズ)撮影で4400枚となります。(ニコン)

メモリーカードの性能としては書き込み速度と読み出し速度がありどちらも高速であることが撮影において有利であることは言うまでもありません。





 スポンサーリンク