スポンサーリンク



 
周辺光量

 しゅうへんこうりょう


周辺光量とはレンズを通してカメラに入って来た光が撮像素子の四隅にどれだけ不足なく照射されているかということです。

通常、レンズを通った光が結像面(撮像素子)に当たったときには、光軸の中心が最も明るく、中心から離れるに従って暗くなる現象があり、周辺光量の低下、周辺光量落ちと呼びます。

原因としては「口径食」と「コサイン4乗則」があり前者は絞り(F値)を大きくすると軽減しますが後者の場合は広角レンズほど顕れる現象です。

周辺光量落ち軽減のためにカメラの「ヴィネットコントロール(ニコン)」という機能がありますが完全に補正することは難しいです。



 スポンサーリンク