スポンサーリンク



 
シャッタースピード優先モード

 しゃったーすぴーどゆうせんもーど


シャッタースピード優先モードは、露出決定の三要素の内の一つであるシャッタースピードを指定された値に固定して撮影するカメラの撮影モードの一つです。

光量の決定はシャッタースピードが固定されているため露出(F値)で調節することになります。

動きの早い被写体、例えばスポーツやダンスの撮影の場合シャッタースピードを1/250秒に固定し、露出はその時の値で撮影するというものです。

このモードで撮影する目的は、あくまでカメラブレ(手ブレ)被写体ブレを抑えることにあり、被写界深度の深さは要求しない撮影モードとなります。



 スポンサーリンク