スポンサーリンク



 絞り

 しぼり


絞り(絞り値=F値)とはレンズを通ってきた光が撮像素子に写る像の明るさのことで、F1.4、F2.8、F8、F11といった数値で表します。
F値が小さいレンズは口径が大きく、明るく大きな光量を得ることができると言えます。

F値はレンズ内にある6~9枚の絞り羽根により光量を調節(絞り値を変える)することにより必要最適な明るさを設定します。

F値が小さいと被写界深度が浅くなりピントが合う距離(奥行き)が短くなり、大きいと反対に隅々までピントが合った写真を撮ることが可能です。

「絞り優先モード」では固定された絞り値に対してシャッタースピードが決められ「シャッタースピード優先モード」ではシャッタースピードに対する絞り値が自動で設定されることになります。




 スポンサーリンク