スポンサーリンク


ハイキー、ローキーというのは全体的に明るい、または暗いイメージの写真を指します。意図的にカメラで補正する場合は露出の設定を測光値より+1~+3または-1~-3程度に設定し明るさを調整し撮影します。この場合、カメラの機種によりますが、プログラムモードや全自動撮影モードであっても調節が可能です。

カメラ任せで写真を撮るとき露出は測光センサーによって自動的に丁度いい明るさで撮るように設定されています。この測光には画面全体のバランスを考えた「マルチパターン測光」や部分的に測光する「中央部重点測光」、「スポット測光」などがあります。特別な意図をする撮影以外では「マルチパターン測光」が無難でしょう。

では、どういった時にハイキーまたはローキーの撮影が有効なのでしょうか。これは撮影者による表現方法なので、こう写さなければというものではありませんが例を挙げますと晴天の屋外撮影などで白や明るい被写体が大きく写っている場合などはハイキーの撮影がいいでしょう。また、夜の街並みなど暗い被写体は無理に明るく撮る必要はなく露出アンダー気味の方が雰囲気のある写真が撮れると思います。

ただ、こうした露出補正をすることにより、白飛びや黒つぶれといった現象が起きやすいので注意が必要です。背景や被写体の一部が真っ白あるいは真っ黒になる可能性もあることも、撮影者としてしっかり認識して撮る必要があります。



 ハイキーな撮影
highkey
 Nikon D200 Tamron 90mm Macro F2.8
 ISO200 絞りF3.2 シャッタースピード1/1500秒 露出補正+1



 ローキーな撮影
lowkey
 Nikon D200 Tamron 18-200mm F3.5-6.3
 ISO200 絞りF6.3 シャッタースピード1/50秒 露出補正-0.33




スポンサーリンク